復縁工作のポイントについて

離婚したけれど、あるいは離婚の話し合い中だけれど、やっぱり離婚したくない、復縁したい、というとき、どうしますか。諦めることができるのなら、復縁などとは考えないはずです。別れることになって、相手の素敵なところ、いいところがやっと分かった、という例も多いのです。相手のよさが分かった今、今こそが、素直に「もう一度やり直したい」と言えるときです。
とはいっても、復縁にマニュアルはありません。あるのは自分の誠意と素直さと、今後に向けての意欲、それを相手に示すこと、それだけです。それだけです、といってもそれがなかなか難しいのです。
別れた理由が相手にあっても自分にあっても、別れたときは、お互いに、もうイヤだ、あるいは疲れた、といったマイナスの要素で気持ちはいっぱいだったはずです。その気持ちをプラスに変えるには、自分がどれだけ誠意を持って将来のことを考えているかを素直に話すことです。
まず、相手の現状はどうなっているか、周囲に探りを入れてみましょう。ここは、復縁工作のプロに頼むという方法があります。中立の立場で双方をみることができる人に、様子を調べてもらうのです。もしも相手の連絡先が分からない場合も、プロに調べてもらうこともできます。プロに復縁工作を依頼する場合は、プロの工作員が相手から信頼されるような状況を自然に作っていきます。このとき、依頼者とプロの工作員は、全く接点がない、という設定で話を進めていきます。
重要なのは、別れた理由です。これを、相手が素直に話してくれたら、それが第一歩です。
そしてそれを反省して、誠意を持って自分が変わることができるか。
復縁できるかどうかは、ここにかかっています。

Comments are closed.