金銭的に厳しいケースについて

夫婦が離婚をする場合、ただ単に離婚届を提出するだけでは問題が解決しないことがあります。離婚には、経済的な要素が大きく影響をするからです。
例えば、日本では離婚家庭の子供は、貧困から学業に専念できない状況が歴然としてあります。母子家庭(父子家庭でも)の経済状況は、一般家庭におけるそれよりも格段にレベルが低くなっています。小さな子供を抱えて働く場合、収入の高い勤務先を得ることは非常に困難です。金銭的な問題で、離婚したくてもしないケースも少なくは無いでしょう。
また、夫婦名義のマンションなどを夫婦でローンを組んでいるようなケースは、自宅に子供が住み続けるためには、ローンの支払いについても協議が必要です。例えば夫の不倫が原因で、家を出てしまったような時に、妻がローンを弁済しなければ、自宅に住むことが困難になるケースもあります。そのような問題を一つ一つクリアしていかなければ、離婚後の生活を前向きにスタートすることが出来ません。
子供の権利として、養育費を確実に支払ってもらうことも、離婚後に生活費が困窮するリスクを避けるためには重要です。どれだけの養育費があれば、離婚前の良い経済状態が子供にとって維持できるかを、キチンと計算して、書面で取り決める努力をしてください。

Comments are closed.